モンスト 轟絶モラル攻略

  • 2019年6月15日
  • 2019年6月16日
  • その他
  • 2968view

モラル攻略

クエストの仕様について

属性倍率1.99倍 直殴り5倍 防御ダウン5倍 盾雑魚のHP回復14,400

新ギミックと全体を通しての注意点

このクエストは同じ敵を連続して殴れない仕様になっているので、基本的に45度に近い角度で撃つことが多くなります。盾を持った雑魚を倒すことでHPの回復とボスの防御ダウンが出来るので、優先して倒しにいく必要があります。ボス戦や中ボス戦は(盾雑魚を倒す→ボスを殴る→盾雑魚を倒す→・・・)という流れを繰り返していきます。また第1ステージと第5ステージ以外は毎ターン蘇生をしてくる上に、敵の配置が画面端に近い場合が多いので、壁と敵の間にハマってしまう可能性が少し高いクエストとなっています。

蘇生時やステージ移動時に配置によっては上記の画像の3Pのバアルの様に青い六角形のマークが表示された場合はハマってる状態なので、他のキャラでズラしておかないと脱出が困難な場合があるので注意して下さい。雑魚を倒した後にボスを攻撃するという流れを1ターンごとに繰り返すクエストの仕様上、1体がハマって脱出できなくなってしまうとかなり火力が下がってしまうので、各モンスターの配置が怪しい場合は青いマークが出るかどうか見極める様にして下さい。

各適正キャラと強化基準について

日番谷冬獅郎

雑魚処理でギリギリ体力が残ってしまう場合に友情コンボの貫通ホーミングが非常に役立ちますし、厳選すれば雑魚を2パンできるステータスと火力の出しやすいSSが強力ですが、ボスに対して遅延させてしまうと蘇生もされなくなり、防御ダウンができなくなるので、注意が必要です。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+6,100

対火の心得・上:+8,300

上記のどちらかの基準で盾雑魚を2パン出来るようになります。

テキーラ

高い攻撃力で雑魚を2パン出来る基準まで上げやすいです。SSも火力を出しやすいですが、少し足が遅いので雑魚処理に困る場面もあるかもしれません。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+2,050

対火の心得・上:+4,250

対火の心得・無印:+6,400

上記のどちらかの基準で盾雑魚を2パン出来るようになります。

パック

SS倍率がバアルやヴィヨルドと同じ1.2倍ですが、8ターンと軽いので溜まったらすぐSSを撃つのがオススメです。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+5,900

対火の心得・上:+7,750

上記のどちらかの基準で『SS時限定ですが』盾雑魚を2パン出来るようになります。

フリーズ

本来は鈍足過ぎて適正に載せる程のキャラではないですが、SSが高火力なのでロマン砲として入れるのも良いかもしれません。基本的に将命削り特L+10%削りのアイテム使用時なら下記基準まで攻撃力を強化する事で、防御ダウン後にSSをボスの弱点に当てる事でワンパンできます。ただSSで倒せなかった場合は雑魚が蘇生されなくなり火力が出せなくなるので注意して下さい。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+6,250

対火の心得・上:+8,450

上記のどちらかの基準で盾雑魚を2パン出来るようになります。

ヴィヨルド

回復SがHP管理で役立ちますし、バアルより高めの攻撃力のおかげで盾雑魚2パンの基準まで強化しやすいですが、6/16時点で証は1個しか付けられないのがデメリットです。SSの分身は火力が出せないので、本体で殴るようにして下さい。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+9,600

上記の基準で盾雑魚を2パン出来るようになりますが、あまり現実的ではないです。

ステッキの余裕もあり、水強プラス込みのガチガチの厳選ができる人は

対火の心得・極:+9,500がオススメです。

この基準だとわずかに盾雑魚の体力が残りますが、バアルや日番谷のホーミングが1発当たるだけで倒せるので問題はないはずです。

ただ、それは一部の方に限定されるので、

対火の心得・極:+6,350

対火の心得・上:+8,350

このどちらかの基準であれば10%アイテム適用時、もしくはSS時に盾雑魚を2パン出来るようになります。

バアル

攻撃力が低いので盾雑魚の2パンは厳しい場面が多いですが、証を2つ付ける事が出来るのでPTの攻撃力の底上げがしやすくなります。フラパ限定のバアルがいると伝染霧対策にもなるので多めに編成しても問題はないです。

強化基準はこちらから

対火の心得・極:+7,950

上記の基準なら10%アイテム適用、もしくはSS時なら盾雑魚を2パン出来ます。

対火の心得・極:+5,800

対火の心得・上:+7,650

上記の基準なら『SS時限定ですが』盾雑魚を2パン出来るようになります。

立ち回り動画について

各ステージの解説で動画を出してますが、雑魚2パン想定の立ち回りをしていても初回降臨時に強化基準には達していなかったので、ミリ残ししている場面が散見されます。本来2パンできる基準まで強化していたら倒せているルートですので予めご注意下さい。

各ステージの立ち回り

第1ステージ

ここは大きく角度を付けて撃てば特に問題ないと思われます。

立ち回り例はこちらから

第2ステージ

ここも上手く立ち回れたら1手抜け可能ですが、1手抜けできなかった場合を想定して確実にダメージを与えるためにも盾雑魚から攻撃するようにして下さい。

立ち回り例はこちらから

ここで1手抜けできなかった場合、突破前に左下にキャラが配置されてないか確認して下さい。もし左下にいた場合は次のステージで魔導師と壁の間にハマってしまう可能性があり、次のステージの難易度が跳ね上がってしまうので、出来る限りズラすようにして下さい。

一度だけ同じ状況に遭遇しましたが、脱出が非常に困難で(盾雑魚に攻撃→防御ダウン後にボスに攻撃→盾雑魚に攻撃・・・)というサイクルが大きく崩れてしまうので気をつけて下さい。

ハマった状況がこちら

第3ステージ

早くも中ボスが登場しますが、ここは弱点がないのでどこを殴ってもダメージは変わりません。とりあえず魔道士を巻き込みながら盾雑魚を倒して防御ダウンを発動させて下さい。

立ち回り例はこちらから

雑魚処理後はボスと盾雑魚を両方殴りながら、出来れば魔道士も巻き込めると、なお良いです。ボスを殴るときは右上のシールドも考慮しておくとダメージを与えやすいと思います。

ボスの立ち回り例はこちらから

第4ステージ

ここはギャラクシーが2体でてきますが、2ターンに1回16,000(怒り時は17,600)の爆発をしてくるので、出来る限りその前に倒すようにして下さい。

立ち回り例はこちらから

防御ダウン後は配置や敵の攻撃ターンを確認しながらボスを攻撃して下さい。ここでSSを撃てるなら1〜2発なら問題ないので、速必殺の実を付けておくのも良いと思います。

ボスの立ち回り例はこちらから

第5ステージ

ここは蘇生もないので、ひたすら45度に近い角度で撃てば大丈夫と思われます。念の為ビットンの攻撃ターンを意識しておいて下さい。

立ち回り例はこちらから

ボス第1戦

ここは雑魚処理もボスを殴るのも基本的に同じような角度になります。弱点が下で固定されている都合上、上側に配置されていた場合は下に行けるように意識しておくとやりやすいと思います。

立ち回り例はこちらから

ボスの立ち回り例はこちらから

ボス第2戦

ここはギャラクシーが居るのでHP管理が重要になってくるステージです。なるべく爆発前に倒したいので攻撃ターンには注意して下さい。ここは3体同時蘇生ですし、全ての雑魚が壁際なので、他のステージと比べても蘇生時に壁とモンスターの間にハマりやすくなっているので、ハマっているかどうかの判断が重要になります。

立ち回りはこちらから

ボスに火力を出す場合は大きく角度を取るか、盾雑魚とボスの間で真横に撃っていくかのどちらかになるかと思われます。ラストでSSが2〜3発あれば問題ないので、ここでSSを撃っても問題はないと思います。

ボスの立ち回り例はこちらから

ボス第3戦

ここは最初に防御ダウンをさせた後に残ったSSを使って雑魚処理をしながらボスに火力を出していくのが良いと思います。雑魚処理に手間取ると上側に魔道士を蘇生されてしまいますが、場合によってはそれを利用してダメージを稼ぐ事も可能なので、そこまで問題視しなくても良いです。

立ち回り例はこちらから

ボスに火力を出しにいく場合は最低限2回弱点に当たれたら十分ですが、蘇生された魔道士との間で縦に撃っていくのも安定した火力を出せるのでオススメです。弱点倍率が通常通り3倍なので、無理に弱点を殴りにいくより安定したルートの方が優先度は高いです。

ボスの立ち回り例はこちらから

最新情報をチェックしよう!
>モンスターストライク

モンスターストライク

スマートフォンやタブレットで最大4人同時に楽しめる「ひっぱりハンティングRPG!」 モンスターマスターになって様々な能力を持つモンスターをたくさん集めよう! 3000種類を超える個性豊かなモンスターが君を待ってるぞ!

CTR IMG